光ファイバー・センサー・システム(FS)事業部

光ファイバー/フォトニック測定システムは、測定と制御の概念に革新をもたらすと同時に、まったく新しい応用分野を切り開いています。また、エネルギー効率の最適化に貢献し、未来志向の新市場に向けたイノベーションの重要な要素となっています。

フラウンホーファーHHI光ファイバー・センサー・システム事業部では、新世代のフォトニック・センサーに関する応用指向の研究に正面から取り組んでいま す。新世代のフォトニック・センサーは、極限までの小型化、優れたネットワーキング/通信能力、超低消費電力、さらには完全なエネルギー自給を特徴としま す。

その実現には、新材料の研究のほか、チップ・ベースのフォトニック・センサー/センサー・システムの製造の新たな概念と共に、超短レーザー・パルスによる集積光学素子の新たな処理方法を開発する必要があるなど、さまざまな課題があります。

光ファイバー・センサー・システム事業部は、ニーダーザクセン州ゴスラルのEnergyCampus内にあり、近くにはニーダーザクセン・エネルギー・リサーチセンター(EFZN)やクラウスタール工科大学があります

製品および技術

ビジョン/イメージング技術事業部は、革新的なソリューションを開発しています。当事業部の製品および技術はこちらからご覧いただけます。

製品および技術

研究グループ

光ファイバー・センサー・システム事業部(HHI-FS)では、3つの研究開発グループにおいてフェムト秒レーザー技術の応用研究に取り組んでいます。
・ファイバーラボ・グループでは、電池安全工学、インダストリー4.0、海事および医療分野に応用される新しいファイバーラボ(lab-in-a-fiber)技術基盤の確立に重点を置いています。
・表面処理グループでは、フェムト秒レーザー技術の応用による新世代の電極および熱冷却素子用の新材料の開発を行っています。
・高度センサー・グループでは、集積光学センサーなどに使用される透明材料の加工処理に取り組んでいます。

Read more

プロジェクト

現在HHI光ファイバー・センサー・システム事業部が行っている研究は、欧州および国家レベルの民間/公的資金による20件以上のプロジェクトが基盤と なっています。フェムト秒レーザー技術は、インダストリー4.0、電池安全工学、医療分野への応用研究プロジェクトのほか、新しいガラス/ポリマー/結晶 /金属材料の機能化に向けたさまざまな基礎研究プロジェクトに応用されています。

Read more

スタッフおよびお問い合わせ先

委託研究および製品開発のパートナーとなる研究者の連絡先です。

Read more